MENU

小谷実由

モデル

SCROLL

人それぞれお茶それぞれの多様な「色」を感じることで、多様性の大切さを感じる特別企画。

自然の恵みと人の手によって育つお茶をひと口、目を瞑って、ひと呼吸。
香りや温度、重さや舌触り、空気との触れ合いを経て、目に見える以上の、
その人にとっての「お茶の色」が心に浮かぶ。

一人ひとりの感性によりそう、お茶の多様性。あなたにとって、お茶はどんな色ですか?

小谷実由(モデル)

ファッション誌や広告を中心にモデル業や執筆業で活躍する傍ら、作家やクリエイターとの企画も積極的に考え取り組んでいる小谷実由さん。肩書きにとらわれることなく、自分の好きなものに正直に自然体でいることを貫く小谷さんにとって、“お茶”はどんな存在なのでしょうか。

「お茶について考えると、思い浮かぶのはなんてことのない、名前のない時間。ぼうっとしながら、一人で黄昏るような時にお茶があって、そんな時はカセットの音楽をよく聴いています。バスに揺られたり、何も予定がない日のひとりでいる時間に音楽を聴く。特別ではない日常のひとときの中にお茶の存在もある気がしています」

紅茶やルイボスティー、中国茶など、好きなお茶がさまざまある中で、「日本茶」を意識して飲むようになったのは、ここ最近のことだという小谷さん。きっかけは以前から友人でありモデルのカイノユウさんのブランド「SA THÉ SA THÉ」。中でも思い入れのある茶葉をお持ちいただきました。

「お持ちしたのはSA THÉ SA THÉ の煎茶『TIME』です。カイノユウちゃんは、ふるくからの友人なんですが、SA THÉ SA THÉで新たにブレンドティーを作る時も、お茶の試飲をよく一緒にやらせてもらっていて。何グラムこれを加えて何グラムこれで、というのをさささっと出してくれるんですけど、配合を変えるだけで後味とか香りが変わる気がする。甘み、苦味、味の中でも細分化されて自分もより深く知ろうと思うようになりました。まだしっかりはわからないけど、当たり前に飲んでいたものを特別なものとして向き合っている人が作ってくれていると思うと、味わう時に嬉しくなるんですよね」

食後にお茶を愉しむ家庭で育ったという小谷さん。カイノさんのお茶がきっかけで、それまで当たり前のように飲んでいた、日常の一杯の見え方も変わったのだそうです。

「よくよく考えてみると、子供の頃からよくおばあちゃんには殺菌されるから緑茶でうがいしなさいと言われていたことを思い出しました。おばあちゃんの家に行くと、帰り際にお茶っ葉を持たされるんですよね。お茶っぱなくなったら言ってねと。そんな記憶も相まって、紅茶は嗜むものというイメージなのに対して、日本茶は自分の中でも信頼性が高いというか、飲んだ方がいいものというイメージがあって。飲んでいて“ほっ”とするし、体にいいことをしている気持ちになる。1日の始まりの一杯だし、寝る前の最後の一杯ですね」

小谷実由|Miyu Otani
ファッション誌やカタログ・広告を中心に、モデル業や執筆業で活躍。一方で、様々な作家やクリエイターたちとの企画にも取り組む。昭和と純喫茶をこよなく愛する。愛称はおみゆ。
instagram.com/omiyuno

Photography: Kisshomaru Shimamura
Text & Edit: Moe Nishiyama & Yoshiki Tatezaki

人それぞれお茶それぞれの多様な「色」を感じることで、
多様性の大切さを感じる特別企画。
自然の恵みと人の手によって育つお茶をひと口、
目を瞑って、ひと呼吸。
香りや温度、重さや舌触り、空気との触れ合いを経て、
目に見える以上の、
その人にとっての「お茶の色」が心に浮かぶ。
一人ひとりの感性によりそう、お茶の多様性。
あなたにとって、お茶はどんな色ですか?

COMING SOON

COMING SOON

COMING SOON

COMING SOON

COMING SOON

COLOURS BY CHAGOCORO