MENU

2021.05.21

お茶と人と、多様性
COLOURS BY CHAGOCORO
国際生物多様性の日に公開

SCROLL

お茶の色は何色?
深く濃い緑色。新緑を感じさせるような鮮やかな黄緑色。光が透き通る黄金色……。

そのグラデーションは緑色の範囲だけに留まりません。お茶の色の豊かさは、お茶を育む人そして飲む人によってどこまでも広がっていきます。

お茶は誰もが飲んだことのある当たり前の存在。それゆえに、そこにあるはずの多様性は見逃されがちだったといえます。産地、気候、育て方、品種など、生き物である「茶」は千差万別。さらには、お茶の選び方、飲む習慣、感じ方もまさに十人十色。

「COLOURS BY CHAGOCORO」では、そうした多様なお茶の色、さらには飲む人の多様な感じ方にフォーカスを当て、総勢35名の方々にそれぞれのお宅から茶葉をお持ちいただき、お茶を淹れ、飲んでいただきながらお話をうかがいました。

それぞれのお茶との関係。特別な思い入れのあるお茶や、今回改めて見つめ直していただいたお茶の価値。そして、視覚的なお茶の色に留まらない、飲む人自身の心に思い浮かぶお茶の景色とは。

生き物として飲み物として奥深い世界に触れさせてくれるお茶を起点に、さまざまな人々の個性や感じ方、ストーリーをお届けします。

写真家・嶌村吉祥丸さんによる全篇撮り下ろし写真とともに、多様性の大切さにあらためて目を向け、心を寄せてみませんか。


【COLOURS BY CHAGOCORO】
特設ページおよびCHAGOCORO公式インスタグラム @chagocoro にて、明日5月22日「国際生物多様性の日」から35名が飲む色とりどりのお茶と、それぞれが心に思い浮かべるお茶の景色とストーリーを公開。
Instagram @chagocoro

Direction & Photography: Kisshomaru Shimamura
Edit: Moe Nishiyama & Yoshiki Tatezaki
Logo Design: Hiei
Social Media Mangement: Emiko Izawa
Coordination: Waku Kunii
Produce: Tomohiko Suzuki

TOP PAGE