MENU

2018.09.21

うれしい手づくり!
茶がらおかきでサプライズ!

SCROLL

「これから、うち来る?」なんて気軽な言葉から始まる自宅のお茶会。 甘いケーキとコーヒーを楽しみながらひとしきりおしゃべり。 次は、しょっぱいおやつがほしくなりますよね。

そんなときのおすすめは、今回ご紹介する“茶がらおかき”。 時間があるときに下ごしらえをしておけば、食べる前に揚げるだけ! お茶もまるごと摂れるのでおすすめです。

茶がらおかきのつくり方

【材料】
ごはん(写真は玄米)…1杯
茶がら…1人分のお茶(2g)をいれたときの量
塩………小さじ1/4
揚げ油…適量

1. 温かいごはん(冷めていたらレンジで温める)に茶がらと塩を混ぜて、ごはん粒が少し残る程度までつぶす。
※水をつけたスプーンの背を使うとつぶしやすい。

2. 1を2枚のクッキングシート(もしくはラップ)の間にはさんで、麺棒で1mmくらいの厚さに伸ばす。

3. そのまま2時間放置するか、ラップなしでレンジで60秒を3回繰り返す。

4. 乾燥したら適当な大きさに切り(2~3cm四方程度)、乾燥剤と一緒にジッパー付き袋に入れて完全に乾燥させる。

5. 食べる前に160度に熱した油で揚げる。くっつかないようパラパラと入れるのがポイント。

6. 15秒くらいして軽く色がついてきたら油からあげて、油をきる。
※塩味が足りなければ熱いうちに塩をふりかける。

7. 完成。
揚げたてならではの、アツアツ、サクサク!
ほのかなお茶の香りがおいしいです!

茶がらには、お茶をいれた時にでなかったポリフェノール「カテキン」が、まだ40%程度残っているうえ、食物繊維もとれますので、おいしく無駄なくお茶が最後まで楽しめます。

お茶会の、うれしい出来立て手づくりおやつに、ぜひお試しください!

TOP PAGE