• THE BREW NOTE by CHAGOCORO

    茶葉、茶器、そして人。
    お茶の淹れ方、可能性はその組み合わせの数だけある。
    お茶を淹れる時間をノーカットで綴る
    “THE BREW NOTE by CHAGOCORO”

    第1回では、TEA BUCKS 大場正樹さんが静岡の煎茶「天竜」を春らしく淹れる。

    001|桜天竜 by 大場正樹(TEA BUCKS)

    BREWER’S NOTE / 解説

    『今回選ばせていただいた「煎茶天竜」は、旨味が強くてコクのあるお茶という印象でした。

    そうした特徴をストレートに表現するとすれば、100ccのお湯に対して茶葉は5g前後、お湯の温度は約60度までしっかり冷まして、60〜90秒くらい長めに抽出する方法が考えられると思います。低めの温度で旨味を出すイメージです。

    最初は、そのように「煎茶をシンプル淹れる」ということも考えたのですが、せっかくなので季節感を採り入れたいと思い、桜の塩漬けを使った淹れ方にしました。

    そこで、淹れ方としては旨味やコクを少し抑えめにしました。茶葉の量は3gと若干少なめ、お湯の温度は80〜85度と高めにして、煎茶としてはすっきりとして味わいになっています。それによって、桜の風味や香りが際立ちます。桜の塩漬けの方も香りがけっこう強いので、煎茶とのバランスを考えて数枚だけ入れるようにしました。

    淹れるときに急須を回すのは、茶葉が偏らないようにするためです。渋味が出ないように、やさしく回すようにします。また、急須をたたく動作は、注ぎ口側に寄った茶葉を反対側に戻して、最後の一滴まで淹れやすくするためです。少し熱めに淹れている分、口に運びやすい温度に若干冷ますために、急須から一度湯冷しに注ぎ、そこから茶杯に注ぎました。桜を目でも楽しんでもらいたくて、ガラスの茶杯を選びました』

    BREWING RECIPE / 淹れ方

    茶葉 3g |湯量 約100cc|湯温 80〜85度|浸出時間 60秒

    【準備】
    ・お湯を沸かす
    ・桜の塩漬けを冷水で洗い水気を切り、3枚ほど茶杯に入れておく

    1. 茶葉を3g計量する
    2. 熱湯100ccを急須に注ぎ、急須全体を温めたら湯冷しに移す
    3. 茶葉を急須に入れる。湯冷しの中でお湯を10秒ほど転がして80〜85度に冷まし急須に注ぎ入れる
    4. 急須の蓋を閉め、60秒待つ
    5. 湯冷しに煎茶を注ぐ。2度軽く回し注ぎ水が切れたら、注ぎ口の反対側を軽くたたき急須の中の茶葉をならして、最後まで注ぎ切る
    6. 湯冷しから茶杯へ煎茶を注ぎ入れる

    TEAWARE / 茶器

    朱泥急須、朱泥湯冷し、蓋置=山田勇太郎
    茶漉し=金網辻
    茶則と茶通しセット=TEA BUCKS × MAISON D’ PULSE Original 茶則(真鍮)No.3


    Brewer: Masaki Oba (TEA BUCKS)
    Director: Hiroki Kataoka (NEW TOWN)
    Videography: Soma Hirao
    Motion Graphics: Norie Enokizono
    MA: Koko Hirakawa
    Coordination: Emiko Izawa
    Logo Design: Ximena Criales
    Edit: Yoshiki Tatezaki

    TOP PAGE

    TAG人気のタグ